修ちゃん、宮崎市霧島にある地鶏の慈味をぞうすいが堪能できる鳥料理店

オリックスの吉田選手も来店するほど、味のクオリティはいうまでもなく、フレンドリーな店主やスタッフがいる雰囲気で来店するお客さんがたくさんいるのが『修ちゃん』です。
カウンター席もあり、一人客も利用しやすいのもウリで、月曜日が休みになるので、土日祝日に飲みたい方々からも人気です。

修ちゃんは、元地鶏の卸業をしていた店主が営む地鶏専門店で、定番の地鶏の炭火焼きはもちろん、1時間かけてとる白濁スープで食べる修ちゃんオリジナルの地鶏ぞうすいは、通の間では飲んだ後の〆の定番になっているようです。

味の決め手を店主に尋ねると、企業秘密となっていますが、こだわりの塩を使い、鶏のうまみを引き立たせていることを話して聞かせてくれます。
ほどよい歯ごたえで、噛み締めるほどに肉汁があふれることも評価されており、その肉汁を溶き卵で閉じ込めた地鶏ぞうすいは格別だといいます。

地たたきをはじめ、鶏だけでなく豚料理もあり、豚の軟骨煮もホロッとしたとろけ具合で、食感も、口当たりの良さもあり人気です。
修ちゃんは夜の部のみで、予算は2500円もあれば、十分にお腹も満たされると言われています。

店名:地鶏屋 修ちゃん
住所:宮崎県宮崎市霧島3丁目182
電話:0985-28-4434