広島県東広島市にある美味しい府中焼が食べれる中村屋

店名:中村屋 本店
住所:広島県東広島市西条下見6-11-8
電話:082-493-8717

中村屋は、広島県に出張に行った際に同僚と取引先の方と昼ごはんを食べに行きました。
広島に在住の取引先の方が、せっかく広島に来たのだから美味しいお好み焼きを食べて帰って欲しいと連れて行ってもらったお店です。

中村屋の場所は広島大学から徒歩で行ける範囲にあり、学生マンションの1階にあります。
店内はそれほど広くありませんが、壁の至る所にカープの選手のサインが飾られており、広島に来たという実感が湧きました。

また、中村屋は大学の近くという事もあり、学生さんらしい人で満席でした。
このお店の売りは、お好み焼きの中でも牛のミンチを使用し、麺をバリバリに焼いた府中焼きというもので、今回はその中でも店員さんがオススメした850円のあぶりネギマヨを頂きました。

食感が一般的な広島風お好み焼きと比較して麺がパリパリなのが印象的で、このパリパリ感が中身のフワッとした食感を際立たせていたと思います。

また、麺をパリパリに焼き上げる事による香ばしさも今までになく新鮮に感じました。
ボリュームもあり、満足できました。

中村屋はオーソドックスな広島風お好み焼きを期待している方にとっては、ちょっと違うなという感覚になるかもしれませんが、食感や味は間違いなく美味しいのでオススメできます。
接客もアットホームで問題ありませんでした。

ねぎぼーず本店、名古屋市中川区にあるハイブリッドお好み焼きの店

店名:食彩館 ねぎぼーず本店
電話:052-354-0037
住所:愛知県名古屋市中川区大塩町1-22

ねぎぼーず本店は、名古屋市内にある人気のお好み焼き屋さんです。
こちらは市内に3店舗あります。

お好み焼きやもんじゃ焼きや鉄板焼きと様々な種類のメニューが豊富に揃えられています。
土日においては、家族連れやカップル、時期によっては宴会等も行われており賑やかな雰囲気です。

ねぎぼーず本店は店員さんも元気な方が多く、来店時や帰宅時にも気持ちの良い挨拶をしてくださるのでまた来たいなと思わせてくれるお店です。

価格設定もお財布に優しく、ひとつ当たりのボリュームも満点なので経済的にもお腹的にも満足できると思います。
たくさんメニューがあり迷ってしまいますが、ねぎぼーずに行ったらまず食べておくと間違いないメニューがあります。

その鉄板メニューとしては、ねぎぼーず発祥とされる鉄板とスチームオーブンで仕上げるハイブリッドお好み焼の「まんまるえんくう焼」です。
今までにない食感で、ふわふわトロトロの世界にまたと見ないお好み焼きで、ねぎぼーずオリジナルです。

その他にもコースメニューもあるので、迷った時に選択するのもありだと思います。
お好み焼きを食べるにあたっては、接客も味も間違いないと思うのでお勧めさせてもらいます。

izakaya dining ふう、門真市にある和洋中の創作料理が食べられる居酒屋

店名:izakaya dining ふう
住所:大阪府門真市元町27-12 エル西三荘1F
電話:050-3463-2087

izakaya dining ふうは、西三荘駅の高架下にあるお店です。
店内はお洒落で落ち着いた雰囲気です。
内装もですが、料理もお洒落な感じです。

izakaya dining ふうは、中華料理をアレンジした創作料理を出しているお店のようです。
一般的な中華料理とは、少し違う感じですね。

食器がカフェで出てくるようなお洒落なものを使っていますし、調理方法も少し違う気がします。

中華料理なんですが、洋風っぽいアレンジがあったりします。
和洋中の技術を取り入れているようですね。

そんな感じで珍しい料理を食べることができるのですが、izakaya dining ふうのおすすめは中華の基本であるマーボー豆腐。
このお店の人気メニューでもあります。

マーボー豆腐に関しては、見た目は普通のマーボー豆腐って感じです。
ほどよくピリ辛で、ビールを飲みながら食べるのが最高です。

ランチメニューの場合、どんぶりで食べることができます。
やはり白ごはんと一緒に食べるのが一番美味しいと思います。

izakaya dining ふうの夜は宴会プランも用意されていて、飲み会で使うこともできます。
お洒落な雰囲気と料理なので、合コンや女子会で利用するのもありだと思います。

変わった料理を食べることができるので、話のネタにもなりますからね。
宴会プランは全8品で、4,000円とお得です。

こちらのプランは前日までの予約する必要があるのでご注意ください。
izakaya dining ふう、中華の創作料理って珍しいですがなかなか良かったです。

ガスト 溝の口駅前店の味がしっかり染み込んだ豚肉の生姜焼き

店名:ガスト 溝の口駅前店
住所:神奈川県川崎市高津区溝口1-11-8 OKKA634 4F
電話:044-850-8708

溝の口にあるガストでは豚肉の生姜焼きを特におすすめしたいと思います。
ガストで豚肉の生姜焼きが食べられることを知っている人はあまり多くないでしょう。

和風のメニュー自体に目がいかないという人が多いと思うので、メニュー表に載っていても気付かない人が多いと思います。

しかしながら、ガストの豚肉の生姜焼きは本当に絶品で、サイドメニューみたいな感じで、量は多くないものの、その分値段も599円と安いです。

食べる前の段階でショウガと豚肉の香りが強烈であり、その臭いを嗅いでいるだけでも満足しているような状況になることもあります。
この豚肉の生姜焼きの特徴としては味が割と濃いかな?という気がします。

ただ、味が濃いといってもしつこいような感じではなくて、味がしっかりと染みている、肉に味が染み込んでいるという表現がしっくりくるような状況です。

だからこそ、ショウガの味わいをかなり感じて、豚肉を食べることができると言えるでしょう。

豚肉の生姜焼きというのはガストでも食べることができるので、溝の口のガストに来たときにはこういったメニューもおすすめというのは覚えておきましょう。

た藁や、滋賀県近江八幡市にある絶品の藁焼き料理が味わえる居酒屋

店名:居酒屋 た藁や 近江八幡店
住所:滋賀県近江八幡市土田町1325-1
電話:0748-31-3321

た藁やは、同僚との忘年会で伺いました。
場所は近江八幡警察署のすぐ横にあります。
広い駐車場のある一軒家の居酒屋でカジュアルだけれども清潔感がある雰囲気でした。

た藁や店内は、宴会のお客さんの他に、子供を連れた家族連れもいて、居酒屋というよりもファミレスのような感じもしました。
通してもらったのは、掘りごたつのある個室で、ゆっくりとくつろぐ事ができました。

オーダーしたのは、た藁や名物の藁焼き料理を中心に頂きました。
今回、藁焼きという調理法の料理を初めて食べたのですが、特にブリとカツオの藁焼きの美味しさにはびっくりしました。

脂が乗ったブリと独特の香ばしさは今までに味わった事のない感覚で、美味しい炭火で焼いた肉を食べているような気にもなりました。

藁焼きにする前の魚自体が新鮮だから余計に美味しく感じるのかもしれませんが、それほど期待をしていなかっただけに余計に感動しました。
サーモンの藁焼きも同様に凄く美味しかったです。

た藁やの藁焼き料理と日本酒との相性が抜群で癖になる組み合わせでした。
今回は、鮮魚の藁焼きを中心でしたが、近江牛の藁焼きも次回は是非食べてみたいと思いました。

サービスも特に問題はありませんでした。
カジュアルな雰囲気の中で本格的な料理やお酒を頂けるので、た藁やは家族連れにもオススメの一店です。

大阪の玉造にある食堂酒場ブッダイーツは呑める定食屋がコンセプト

店名:食堂酒場 ブッダイーツ
住所:大阪府大阪市天王寺区空清町2-21
電話:なし

ふと雑誌を見ていたら、紹介されていた定食やがブッダイーツでした。
そこに掲載されていた唐揚げらっきょタルタル定食が美味しそうだったので、行くことにしました。

ブッダイーツっていう店名も、お洒落で気になりました。
店名の由来に関しては、特にこだわりはなかったようです。
あえていうと仏さまに感謝して、健康的な料理を出せるようにとか。

私はお昼にブッダイーツに行ったのですが、定食はけっこう種類があります。
魚系に肉系、カレーなど幅広いです。

私が頼んだのは、雑誌に載っていた唐揚げらっきょタルタル定食です。
850円という手ごろさで、ボリュームがあります。

このメニューは唐揚げに、らっきょタルタルソースがかかっています。
唐揚げはサクサクで柔らかく、食感が良いです。

そして、らっきょタルタルソースが唐揚げに良く合います。
らっきょというから酸っぱいかなと思ったのですが、どちらかというと甘みを感じました。

タルタルソースに細かく刻まれたらっきょを混ぜているみたいですね。
こういう唐揚げを食べるのは初めてだったのですが、とても気に入りました。
何よりボリュームがあるのが良いですね。

ブッダイーツは呑める食堂をコンセプトにしているだけに、アルコール類や酒のあて系メニューもあります。
定食が食べたいけど、酒も呑みたいって人はブッダイーツに行くべきです。