もりもり寿司 金沢駅前店、金沢で有名なちょっと高級な回転寿司屋

金沢のお寿司屋さん、回転寿司屋さんといえば、もりもり寿司金沢駅前店をおすすめします。

店名:もりもり寿司 金沢駅前店
住所:〒920-0849 石川県金沢市堀川新町3-1 金沢フォーラス 6F
電話:076-265-3510

もりもり寿司は、寿司を愛する世間ではちょっと高級な回転寿司屋さんとして知られており、利用客の客層は中高年以降が多いという寿司店です。
回転寿司屋さんですから、レーンを周りますが板前さんに直接オーダーすることができます。

ランチであれば、3000円程度の予算でいただくことが可能ですが、丼ものは1500円ほど。

例えば、カニといくら丼、刺身盛り合わせ丼、などから選ぶことができて、大皿で魚の身の入り汁物がついてきます。
いくら、カニの身は美味です。

もりもり寿司は、お茶や生姜はセルフサービスとなっていますが、高級感のある回転寿司屋として人気です。
ネタの鮮度に味の質は、回転寿司チェーンの各社よりも上ですが、お値段も上です。

カウンター席に案内されれば、今時のタッチパネルサービスも準備されているものの、目の前にいる板前さんに口頭でその都度オーダーできるため、もりもり寿司は高級寿司店よりもより安く、寿司屋を訪れた気分を堪能することができるでしょう。

もんじゃ 六つ木 路地裏店、近鉄奈良駅近くにある絶品もんじゃ焼き店

店名:もんじゃ 六つ木 路地裏店
住所:奈良県奈良市小西町2-1 2F
電話:050-5597-8851

友人のオススメで、同僚4人で夕食を食べに行きました。
近鉄奈良駅近くの東向き商店街を三条通り側に歩いて行き、奈良観光会館手前の路地に入ります。

近くに行くと電柱に看板がありますが、この看板を見つけないと初めてだとなかなかお店の場所が分かりません。

看板に従って更に細い通りに入ると、真っ白なオシャレな建物が見えてきます。
このオシャレな建物の二階が六つ木さんになります。

六つ木の店内は決して広い訳ではありませんが、カウンター席とテーブル席が5~6テーブルあります。
また、今年の6月にオープンしたばかりのようで店頭には花が飾ってありました。

頂いたのは、1380円の明太もちチーズもんじゃと1280円のキーマカレー風もんじゃです。
特に明太チーズもんじゃは、明太子が丸々一本入っていて、出汁がしっかりとしていて、今まで食べたもんじゃで一番美味しかったです。

また、六つ木のソース焼きそばも絶品でした。
独特のソースの味や香りは今までに経験のないもので、間違いなく家庭では出せない味だと思いました。

味噌ホルモン焼きそばも凄く美味しかったです。
全体的にコスパは非常に高いと思います。

六つ木の店員さんも皆さん愛想が良く、接客も問題ありませんでした。
自信を持ってオススメできるお店です。

川崎市の宮前平にある丸源ラーメンの尋常じゃない量のネギが特徴のラーメン

店名:丸源ラーメン宮前平店
住所:神奈川県川崎市宮前区土橋7-1-2
電話:044-871-5212

神奈川県川崎市の宮前平にある丸源ラーメンでは、熟成醤油ねぎラーメンを注文したことがあります。
丸源ラーメンのお店ではラーメンのメニューがかなり充実していて、中にはそばまであるのですが、ひと際目を惹いたのがこの熟成醤油ねぎラーメンなのです。

インパクトという面では、他のどのラーメンよりも優れているなと感じましたし、私自身ネギが好きなので、その点においてこのメニューは好みでした。
このメニューにおいてはやはりネギの量が尋常ではなく、かなり山盛りになっているのです。

ただ、具材に関してはネギだけではなく、メンマ、チャーシュー、のり、煮卵なども入っているので、ネギ以外の部分も楽しむことができます。
山盛りのネギを食べるとそれだけでかなりお腹が膨れますから、量に関してはかなり満足できました。

また、このボリュームで780円なので、丸源ラーメンの熟成醤油ねぎラーメンは値段を見ると相当お得だなと感じます。
他にも魅力的に思えるメニューがいくつかありますけど、熟成醤油ねぎラーメンのようなネギを山盛りにしたメニューを出しているお店は限られるので、丸源ラーメンを訪れたときには思い出してみると良いと思います。

珉来、石川県河北郡内灘町にあるボリュームたっぷりの中華料理店

石川県金沢市に隣接する、内灘町にあるおすすめの中華料理店、珉来(みんらい)。
こちらのお店の魅力はたくさんあるのですが、まず一つはメニューの種類がとても豊富なことです。

珉来の店内に入ると壁一面に手書きのメニューが張り出されていて、そのすべての中から注文を選ぶのは至難の技。

店内中を見渡すので、注文を決めるまでには時間がかかるかも知れません。
もちろんメニュー表もありますのでご安心を。

そして珉来の次の魅力は、ボリュームの多さです。
お値段を見る限り、ボリュームがありそうには思えないのですが、特にご飯ものはボリュームがすごいです。

女性は一人で食べきるのはかなり大変だと思いますので、ご飯を小盛りにしてもらうのがおすすめです。
その分お値段を安くしてくれるのも、とても良心的でありがたいです。

全体的にお値段がお安いのもうれしいポイントです。
ほとんどのご飯もの、麺類は1000円以下という値段設定ですし、それでいて男性でもちゃんとお腹いっぱいになれるボリュームなので家族みんなで行っても安心です。

私の珉来おすすめはエビを使ったメニューです。
お値段に見合わない、大きめでプリプリのエビがゴロゴロ入っているので、満足感がすごいです。

ランチもディナーも混み合いますので、珉来は早めに行くことをおすすめします。

店名:珉来
住所:石川県河北郡内灘町向陽台1-1-4
電話:076-238-1280

旬菜旬魚 いえもんや、香川県まんのう町にある豪華なランチが人気の和食料理店

店名:旬菜旬魚 いえもんや
住所:香川県仲多度郡まんのう町公文403-1
電話:0877-85-6393

いえもんやの魅力の一つは、豪華で太っ腹なランチです。
通常の日替わりランチは、お刺身にご飯やみそ汁、サラダやデザート、茶碗蒸しなどがついて1320円。

もちろん、これでも十分満足できるのですが、お刺身が苦手だという方は、なんと、お刺身をローストビーフに変更できるのです。

いえもんやのローストビーフがまた、絶品。
やわらかくて、しっかり味が染みていて、いくらでも食べられちゃいます。

苦手なものがない人は、むしろどちらにしようか迷ってしまうところですが、後者を選ぶ人が多いみたいですね。
ランチにお刺身が出るお店は多くても、ローストビーフが出るお店は少ないというのも一つの理由ですが、最大の理由は、やっぱり、美味しいからかな?

私は夜食べに行くことも多いのですが、夜も定食のセットがあって、こちらはお刺身もローストビーフもついて2750円です。

しかも、550円追加すれば、白ご飯をミニ海鮮丼、あるいはミニいくら丼に変更できるというおすすめ商品です。
ちなみに、このローストビーフを心ゆくまで満喫したいという方には、こだわりローストビーフ丼1320円もあります。

いえもんやマスターのご家族が中心となって営まれているアットホームで太っ腹なお店「旬菜旬魚 いえもんや」、ぜひ堪能してみて下さい。
目印の大きな看板がありますので、初めての人でも比較的見つけやすいお店ですよ。

みんなのらぁ麺 阿飛流、大阪市中央区南久宝寺町にある究極のラーメン店

店名:みんなのらぁ麺 阿飛流
住所:大阪府大阪市中央区南久宝寺町3丁目1-3 ペリカンビル 1F
電話:06-6241-3533

船場に用事があったので、お昼もこの辺りで食べようとお店を探していました。
そんなときに目に入った阿飛流の看板。

テレビで紹介されたとかなりアピールしていたので、気になって入ることにしました。
阿飛流は全席カウンターのお店で、モダンな雰囲気のお店です。

とりあえずお店の看板メニューである、阿飛流の中華そばを注文することに。
780円と普通の値段です。

ラーメンが目の前に来て思ったのは、綺麗なラーメンだな。
醤油ベースのスープなのですが、色味が綺麗で香ばしいにおいがします。

味の方は鶏と魚で仕込んでいるようで、両方の旨みが絶妙にマッチしています。

麺は平打ちで、中太のストレート麺。
このスープとの相性を考えて、この麺を使っているようです。

阿飛流はトッピングも豪華です。
半熟卵にチャーシュー、鶏団子、芽ネギ、シナチクとなってます。

どれもスープがしみ込んでいて美味しい。
ラーメンの良いアクセントになっています。

中華そばってどこも似たような味だと思っていたのですが、ここの中華そばは絶妙な味加減で美味しいです。

あっさりしているんですが、味が濃厚なんです。
ちょっとしたことでラーメンの味って変わりますからね。

おそらく研究を重ねたのではないでしょうか。
今まで食べてきた中華そばの中でも、阿飛流はトップクラスの味でした。