大阪府にあるホリーズカフェ イオン新茨木店は癒される空間

店名:ホリーズカフェ イオン新茨木店
住所:大阪府茨木市中津町18−1 1階
電話:075-682-0011

イオンに用事があり、入ろうとすると、ホリーズカフェが目について気になりました。

白いお店の雰囲気に、柔らかい感じのキャラクターが描かれたイラストや、素朴な感じの雰囲気がとても気になって、入ってみることにしました。

ホリーズカフェは、とてもリーズナブルな値段設定で、気軽にカフェが楽しめるという感じです。

時間にかかわらず一日中、モーニングセットが注文でき、パンと目玉焼きとコーヒーとで400円前後でのんびりとした気分を味わえますし、堅苦しくない雰囲気が好きで、一度行くとまた行きたくなるという感じでした。

ホリーズカフェのお店の方も接客をしっかりとしてくれますし、セルフ形式なのである程度自分の自由に席を選んだり、好きなようにできるのが良いところだと思います。
喫煙席もあるために、席選びは少し考えてしまいますが、分煙がしっかりとされているので安心です。

私は、ハムサンドとダッチコーヒーのセットが好きで、少しお腹が減ったときに、手軽に食べられるメニューで、苦味の少ないアイスコーヒーを楽しめるのがとても嬉しいです。

ホリーズカフェはどのメニューもお手頃なので、色々と試してみたくなります。

チューリッヒ自動車保険の評判と口コミ!

チューリッヒ自動車保険の評判その1.更新不可で契約、対応良くて安い!

私は自動車の運転があまり上手くなく、前方を走る車に軽く追突することなどが度々あり、自動車保険の会社にはとてもお世話になっています。

3年前にも小さな事故を起こしてしまい、とある(チューリッヒ以外の)損保会社の対応で事故の解決をしました。
この時の対応は、非常に事務的であり、たくさんある案件のひとつであるという気持ちがありありと表れたものでした。

続きを読む

カフェ アルル パート2、新宿の隠れ家・美術品と猫と水出しアイスコーヒーのカフェ

新宿5丁目には一体何がある?そんなこと言われても想像すらつかない新宿の端っこ。
だからこそ人には教えたくない憩いの場所、それがカフェアルルパート2だ。

カランカランと音の鳴るアルルのドアを開けた瞬間、どこか異世界に迷い込んでしまったかの様な不思議な空間には、たくさんの有名絵画に美術品、漫画、そして猫!

猫カフェとはまた違う、喫茶メインに猫も居ると言った感じか。
予約席以外なら、どこでも空いて居る席へどうぞと言われる。

アルルで皆さんに是非オススメしたいのが、アイスコーヒー¥400-。
それがただのアイスコーヒーではない。

マスターが丹念に時間をかけて抽出した水出しコーヒーなのだ。
味は、濃い!たった400円で大きなグラスにたっぷりの濃厚なコーヒー。

アルル店内にはその水出しコーヒーの機材がディスプレイされており、ゆっくりとポタ、ポタと滴り落ちるコーヒーを眺めながら非日常的でアートな空間で過ごす時間はなんという贅沢な時間だろう。

そしてカフェの至る所に置いてある漫画も読み放題。
漫画喫茶に行くよりも、遥かにコスパ最強ではないか。
そして運が良ければ猫が相席してくることも。

店名:カフェ アルル パート2
住所:東京都新宿区新宿5-10-8
電話:03-3356-0003

広島の夜を楽しく過ごすならもんじゃ小町の変わりダネもんじゃ焼き

もんじゃ焼き好きでも、王道メニューばかりでは飽きてしまう人も多いでしょう。
そんなときは、もんじゃ小町の趣向を凝らした変わりダネもんじゃ焼きがおすすめ。
いつもとは一味違った美味しさを堪能できます。

店名:もんじゃ小町
住所:広島県広島市中区銀山町10-10ステラ館2階
電話:050-5570-2648

もんじゃ小町のもんじゃ焼きメニューは、名前が地名になっているのが特徴です。
もんじゃ焼きで食べ慣れた豚肉にだし汁といった王道具材の東京をはじめ、北海道やイタリア等それぞれ趣向を越した具材が入ります。

中には風変わりでこれってもんじゃ焼き?と思うようなものもありますが、鉄板で焼いてみると不思議と美味しくちょっと遅い夕食、お酒のおつまみ等にもぴったりです。

基本的にテーブルでは自分たちで焼くことができるため、もんじゃ小町は仲間とワイワイしながら食べて飲んで素敵な時間を過ごせること間違いなし。
9種類あり、全て全く違った味付けとなっていますので、その日の気分で決めるといいでしょう。

わりとお腹がいっぱいになってもパクパクつまみやすいものですから、数種類食べ比べてみるのも面白いですよ。

もんじゃ小町は、もんじゃ焼き以外のおつまみメニューもバラエティに富んでいます。
リーズナブルに利用するなら、コースを頼んでおけば選べるもんじゃ焼きに色々とついてきてお得です。

宮崎市で旬の味わいをコースや和定食で食べたいなら杉の子

昭和45年創業というだけに、地元に愛され続けている和食の料亭が「杉の子」です。
店内は、接待にも利用できる造りになっていますし、お一人様向けにカウンターも用意され、老舗の品格・格式高い評価がついています。

杉の子は、素材にこだわり、宮崎ブランド和牛のお料理もイチオシしていますが、年に7回もメニューを変化させることにより、通年飽きない通い方ができるといいます。

季節の味、旬の味を提供する中でも夏におすすめできるのは、冷や汁です。
魚の身やイリコをすり合わせて焼いた味噌で作る、冷たいお味噌汁といったイメージですが、これを温かい麦飯にかけるのが杉の子ならではの食べ方になります。

杉の子の他のおすすめコースは、日向かぼちゃ(6000円)コース・いもがらぼくと(4000円)コースなどです。
接客サービスに関しても、料理長をはじめ、厨房、ホールスタッフともに臨機応変に対応してくれます。

好き嫌いなどの食材もあるでしょうが、それらについても、事前になりますが、予約時に伝えておくことによって省いてくれる計らいもしてくれます。

店名:ふるさと料理 杉の子
住所:〒880-0001 宮崎県宮崎市橘通西2丁目1-4
電話:0985-22-5798

福島区にある丸忠は中央卸売市場の中にあるネタが新鮮な寿司店

店名:丸忠
住所:大阪府大阪市福島区福島野田1−1番86号
電話:06-6469-7272

お寿司が食べたくなって、どこのお店に行こうか迷っていました。
たまたまテレビを見ていたら、市場の紹介をしていました。

市場の中にある飲食店って、新鮮な食材を使っていて美味しそう。
そんなわけで、中央卸売市場の場内にある丸忠へ行ってきました。

丸忠のお昼はセットメニューがあり、にぎりにちらし、丼物などがあります。
私は上にぎりを注文することにしました。

2,000円となかなかの値段ですが、上にぎりですからね。
それを考えたら、安いかもしれません。

マグロやハマチ、サーモンなど、定番のネタを中心に構成されています。
シャリは上品なサイズで、口に入れやすいです。

ネタは大きめでしっかりとシャリに乗っています。
見るからに新鮮そうでうまそう。

食べてみると、見た目の通り美味しい。
お寿司のようにシンプルな料理は、素材が大きく味を左右します。

もちろん、こちらの丸忠では良い素材を扱っているので美味しい。
さすが市場の中にあるお店だなと感じました。

お昼は全てのセットメニューににゅーめんが付いてきます。
こちらも上品な味で、体も温まります。

にぎりはもちろん美味しかったのですが、他の人が食べてた海鮮丼も美味しそうでした。
丸忠に再訪したときは、海鮮丼で決まりです。

美味しい海鮮料理を食べたいなら、市場だなと思いました。