上海小籠包厨房 阿杏、新宿東口にある小籠包が美味しいお店

店名:上海小籠包厨房 阿杏
住所:〒160-0022 東京都新宿区28 新宿3-28-2 ルナージュ新宿5F
電話:03-3355-5705

右も左も飲食店でひしめく新宿で、久しぶりに夜ご飯を食べようと思い、まず何が食べたいかお腹と相談。
そういえばしばらく中華を食べていなかったので、高島屋の某有名小籠包のレストランへ行こうと思ったけれど、予算オーバーだったので周辺の美味しい小籠包のお店を検索。

すると、いくつかのお店の中でもこちの阿杏が高評価だったので、ドキドキしながら来店。
美味しいかな?初めてのお店ってちょっと緊張しますよね。

席に案内されて、早速メニューを見てオーダーします。
阿杏は小籠包目当てだったので、もちろん小籠包は外せません。

そして、阿杏レビューで高評価だった焼き小籠包。
黒米大好きなので、黒米チマキ。
肉も食べたいので、よだれ鶏。
そしていつもは食べないご飯系、あんかけ炒飯をオーダー。

まず来たのはよだれ鷄。
よだれ鷄はよく料理名ですが、何気に初めて食べます。

タレに大好きなパクチーが乗ってるところから、食欲をそそられます。
見た目からぷりぷりな蒸し鶏とタレをたっぷりつけて、いただきます。

え、これめちゃくちゃ美味しい。
ぷりっぷり、ジューシーな鶏肉はもちろん、ゴマだれが辛くて、濃厚で最高です。

そしてナッツの歯ごたえとパクチーのフレッシュ感、その独特な香りが絶妙にマッチしています。

そして次は小籠包。
阿杏の店員さんが蓋をあけると、もわっと湯気が。
「あついので気をつけて」と一言。

小籠包は熱々がマストなので期待が高まります。
皮に箸で穴を開けて汁を吸います。

うん、美味しい。

生姜と酢と醤油を垂らして、一口で。
はふはふしながらもぐもぐ。
皮の厚さといい、餡の味付けといい、好みど真ん中です。

食べ終わるとすぐに、焼き小籠包がきます。
こちらも、熱々。

皮を少し破って中の汁を味わってから、一口。
小籠包と同じように、皮、餡の比率が完璧です。

そして、パリッと焼かれた皮がまた小籠包とは違う美味しさを生み出しています。

黒米ちまきもほんのり甘くて、黒米の香りがよく、最高です。
しかし、阿杏でこの日一番のサプライズは、あんかけ炒飯です。

炒飯って残念なお店だと、化学調味料の味しかしないのでほぼ注文しないのですが、このあんかけ炒飯はもう、本当に、あっさり味で、風邪の時にお母さんが作ってくれた雑炊を思い出すような、そんな優しい味でした。

結構お腹いっぱいになっていましたが、ぺろっと食べてしまいました。
阿杏は、どの料理も最高に美味しくて、何回も通って他の料理も食べてみたいですね。

一つ一つの料理のコスパはとてもよいです。
2人で行って5品頼み、お腹が満たされ、約3500円でした。

ただ安いだけあって、阿杏のお店は雑居ビルの中の小さな店舗で、4人がけのテーブルが5つくらいしかありません。

私が行った時間は4時半くらいだったので、空いていましたが、ランチタイムやディナータイムは混むかもしれませんね。

忙しいディナータイムの前だったからか、お店の方が見えるところで寝ていたので、雰囲気はほぼありません。

阿杏の接客には、完璧を求められる方はやめておいた方がいいかもしれません。
ただ美味しければいいという方には、すごくおすすめです。

阿杏は、あまり期待をせずに行きましたが、味、お値段ともに大満足でした。

私は小籠包が大好きですが、熱々でなかったり、皮が厚すぎたり、餡が少なすぎたり、ジューシーでなかったりと、なかなか好みの小籠包が見つけられませんでしたが、やっと好みの小籠包が見つけられて嬉しいです。

小籠包だけでなく、他の料理もとても美味しかったので、小籠包目当てでない方にオススメですよ。

お店は少し狭いですが、美味しい中華をよいコスパで食べたければ、阿杏は本当に良いお店です。
他の料理も食べたいのでまた絶対行きます!

隆康、長野県松本市にある山賊焼と大盛りメニューの中華食堂

隆康は、松本市の合同庁舎近くにある中華の食堂です。
外観は映画のセットのような、ダイナミックな装いです。

隆康の中はちょっとレトロな中華食堂といった感じです。
建物は年季が入っている感じですが、独特な雰囲気で、小上がりには全部コタツがあったり、いつも笑顔で優しく迎えてくれるお店番のおばちゃんに癒されます。

隆康は、山賊焼や塩山賊、万力餃子等スタミナが付きそうなメニューが盛りだくさん。
チャーハンやあんかけ焼きそば他の大盛りメニュー、セットメニューもあります。

とにかくメニューの数が多く、野菜たっぷりで、酸辣湯麺など、女性が喜びそうなメニュー、蟹のラーメンなんて変わったメニューも色々あり、毎回選ぶのが楽しいです。

日中はサラリーマンや男性客が多めですが、隆康は女性だけで行っても子連れでも入りやすいお店です。
セットメニューでボリュームがあり過ぎて食べ切れない時は、ひと声かければ持ち帰り用のパックなどもらえます。

長居もできますし、隆康は料理が出てくるのも比較的早く、ランチもディナーもどの時間帯でもおススメです。
どこで食事しようかな?と迷った時はこちらに来てしまいます。

何でも美味しいし、不思議な空間で、居心地が良く最高!
隆康、オススメです。

店名:隆康
住所:390-0851 長野県松本市島立松島3909-2
電話:0263-47-3353

味香亭、藤が丘駅から徒歩10分間の本格的でおいしい中華料理店

店名:味香亭(みこうてい)
住所:神奈川県横浜市青葉区柿の木台14−6
電話:045-973-3414

味香亭は、東急田園都市線の藤が丘駅から徒歩10分ほどのところにある、リーズナブルに本格的な中華料理を食べることができるお店です。

駅から少し距離があるため、味香亭は知る人ぞ知るお店です。
駐車場は3台分あります。

休日のランチの時間帯では、味香亭はすぐに店内がいっぱいになってしまい、行列ができることもあります。
ランチメニューはAからHまであり、種類も豊富です。

週替りランチはサラダ、スープ、ライス、ザーサイ、杏仁豆腐がついて1000円となっています。
ほかに海鮮あんかけやきそばや中華丼とハーフラーメンなどもあります。

味香亭の土日はHolidayランチというセットメニューがあり、ランチを注文するとプラス250円で餃子3個をつけることができます。
この餃子も美味しいです。

夜の定食もAからHまであります。
豚肉と卵きくらげ炒めがライスとスープがついて950円となっています。
ほかにレバーニラ炒めや油淋鶏などもあります。

テーブル席なのでゆっくり中華をいただくことができます。
味香亭の店内はとてもきれいに保たれていて、テーブルがベタバタすることもありません。

何を食べても美味しいので、本格的な中華を手軽に食べたいという方におすすめのお店です。

四川担担麺 阿吽 北浦和店、さいたま市にある担々麺専門店

JR北浦和駅東口の階段を下りてすぐのところにある四川担担麺 阿吽 北浦和店は、担々麺専門のお店です。
隣が交番で、パトカーが止まっていることが多いので、わかりやすい目印です。

阿吽の店内は広くなく、カウンター席が8席、テーブル卓が2つあります。
花椒は奥の席に通してくれ、またエプロンが必要な場合は紙エプロンを提供してくれる心配りがあります。

阿吽は、全てのメニューが辛さと痺れを5段階で選択できます。
メニューには辛さ3、痺れ3がオススメと書いてあります。
注文して食べてみて、もう少し辛さや痺れを増やしたいと思ったら、スタッフの方にお願いすると快く増やしてくれます。

阿吽オススメは、黒胡麻担々麺(850円程度)です。
黒胡麻の香ばしい香りと、ラー油の辛さ、花椒の痺れがちぢれ麺に絶妙にマッチします。

お店オススメの辛さ3痺れ3も良いですが、痺れを増やしても美味しくいただけました。
定番メニューの白担々麺よりもコクがあるのが、黒胡麻坦々麺の特徴です。

この他にも季節限定メニューがあるので、阿吽はいろいろなメニューを楽しむことができます。

店名:四川担担麺 阿吽 北浦和店
住所:埼玉県さいたま市浦和区北浦和3-3-5 JR北浦和駅東口ロータリー
電話:080-3364-6468

大興飯店、水戸市にあるボリュームたっぷり昔ながらの中華料理店

大興飯店は、茨城大学から歩いてすぐのところにある中華料理店です。
水戸駅からはバスを使って20分程度とかなり遠いですが、土日でもお昼の時間はかなり混雑していて、満席で入れないこともあり、学生や近所の人から人気のお店のようです。

大興飯店の壁には、ずらっとメニューがはられていて、昭和の昔ながらの中華料理屋さんといった感じです。
単品メニューからセットメニューまでかなりの数のメニューがあって、なかなか注文を決められません。

茨城のご当地ラーメンでもある水戸藩ラーメンも食べられます。
大興飯店のセットメニューには、学生が多いからか、丼ものとラーメンのセットのなどもあり、どのメニューもかなりのボリュームがあり、男性でも十分おなか一杯になります。

また、ラーメンや天津飯、チンジャオロースなどの中華料理はもちろんですが、鶏のから揚げ定食などもあります。

いろいろなメニューがありますが、特に餃子は肉汁たっぷりでしっかり味も付いていて、一口食べるとびっくりするほどおいしいです。
餃子3個がついたセットメニューや定食もあるので、ぜひ食べてみてほしいと思います。

チャーハンも比較的薄めの味付けでとてもおいしいです。

大興飯店は値段も安く、混雑していても注文してから料理が出てくるまでが早いので、時間があまりない時でも利用しやすいお店です。

店名:大興飯店
住所:茨城県水戸市袴塚3-9-16
電話:029-226-5837

華珍園、高知県高知市にある中華料理が美味しい店

店名:華珍園
住所:高知県高知市廿代町13-2
電話:088-823-2281

高知県の高知市にある、商店街から近くの中華料理というと華珍園をあげることができます。
華珍園は古くからある中華料理専門店です。

そのため、子どもさんからお年寄りまで誰もが知っている店となっています。
華珍園は、別館ができてそこが収容人数が多いので人気です。

なかに入ると、その開放感に圧倒されます。
レストランなどをいくつもいったことがあるのですが、こんなに天井が高く開放感のある店は入ったことがないと思うぐらい広いです。

そして料金についても、華珍園はリーズナブルなのでその点でも人気です。
そんなに高くないのに、料理と店内のクオリティはいいのです。
そのため、いつも店内はお客さんでいっぱいです。

特におすすめしたい料理は、上海蟹です。
これは普通のところでは食べることができませんがその季節になると、華珍園なら食べることができます。

しかもカニのチャーハンは絶品です。
ご飯ものや一品料理等、どれを食べても美味しいので心ゆくまで堪能することができます。

ランチメニューやミニコースなどもあり、いろいろなメニューを楽しむことができます。
コースは、いろいろなものを食べることができて大人気です。

ホワイト餃子 野田本店、千葉県野田市にある少し変わった餃子店

店名:ホワイト餃子 野田本店
住所:葉県野田市中野台381
電話:04-7124-2424

ホワイト餃子は千葉県を中心に関東圏に多くの店舗を構えています。
本店は野田市にあり、野田市民にとってはソウルフードになっています。
他の地域の人は知らないかもしれませんが、千葉県民であれば知っている人は多いはず。

ホワイト餃子は見た目も、独特な形をしています。
そしてサイズも大きく感じるはず。
全体的に焦げ目がついていてキツネ色。
見た目からして、普通の餃子ではないと感じます。

ホワイト餃子の味の方ですが、表面がカリッとしていて中はふっくらしています。
ニンニクのにおいや味がきつくなく、味も普通の餃子とは違います。

例えるなら、焼き餃子と春巻きの間の食べ物って感じです。
餃子の仲間ですが、餃子ではないような感じです。
私は焼き餃子が好きですが、こういう餃子もありだなと思いました。

ホワイト餃子ではお持ち帰りもできるんですが、あまりにも美味しかったのでお持ち帰りも頼みました。
ちなみに通信販売も行っていますが、生産が追い付かないぐらいの人気で販売を休止していることも。
通信販売の状況は、お店のホームページから確認できます。

少し変わった餃子が食べたいなら、ホワイト餃子はおすすめです。