珉来、石川県河北郡内灘町にあるボリュームたっぷりの中華料理店

石川県金沢市に隣接する、内灘町にあるおすすめの中華料理店、珉来(みんらい)。
こちらのお店の魅力はたくさんあるのですが、まず一つはメニューの種類がとても豊富なことです。

珉来の店内に入ると壁一面に手書きのメニューが張り出されていて、そのすべての中から注文を選ぶのは至難の技。

店内中を見渡すので、注文を決めるまでには時間がかかるかも知れません。
もちろんメニュー表もありますのでご安心を。

そして珉来の次の魅力は、ボリュームの多さです。
お値段を見る限り、ボリュームがありそうには思えないのですが、特にご飯ものはボリュームがすごいです。

女性は一人で食べきるのはかなり大変だと思いますので、ご飯を小盛りにしてもらうのがおすすめです。
その分お値段を安くしてくれるのも、とても良心的でありがたいです。

全体的にお値段がお安いのもうれしいポイントです。
ほとんどのご飯もの、麺類は1000円以下という値段設定ですし、それでいて男性でもちゃんとお腹いっぱいになれるボリュームなので家族みんなで行っても安心です。

私の珉来おすすめはエビを使ったメニューです。
お値段に見合わない、大きめでプリプリのエビがゴロゴロ入っているので、満足感がすごいです。

ランチもディナーも混み合いますので、珉来は早めに行くことをおすすめします。

店名:珉来
住所:石川県河北郡内灘町向陽台1-1-4
電話:076-238-1280

バーミヤンの籠原店は安くて美味しいチャーハンがおすすめ

バーミヤンはチェーン店として有名ですが、安くて美味しい中華料理でオススメです。

店名:バーミヤン籠原店
住所:埼玉県熊谷市新堀321-1
電話:0485301169

バーミヤン籠原店はチャーハンが美味しいです。
まず、自分がバーミヤンで必ず注文するのがチャーハン(スープ付き)です。
価格は税抜き499円です。

とても味付けが良くて食べやすくてパラパラとした炒飯で美味しいので、必ずと言って良いほど注文をしてしまいます。

また、チャーハンと一緒に注文するのが、本格焼餃子(6コ)です。
価格は税抜き239円です。
食べた時にジュワッと肉汁出てきて旨味が詰まっている感じで美味しいので、これまた注文をしてしまいます。

しかし、気分で本格焼餃子ではなくて、肉シュウマイ(5コ)にしてしまう事もあります。
価格は税抜き299円です。
これまた、餃子同様に旨味があるシュウマイで美味しいです。

チャーハンをちょっと贅沢に食べたい時は、海老レタスチャーハン(スープ付き)を注文します。
値段は税抜き699円です。

レタスの食感が少しありチャーハンとの相性が良いです。
また、チャーハンの上に乗っている海老がプリッと美味しいのでちょっと贅沢な味わいです。

バーミヤンは他にも色々と中華料理がありますが、自分はチャーハン系がオススメで行くと毎回飽きずに食べてしまうのでオススメです。

川崎にある餃子の王将のやや贅沢な香味豚バラが使われたチャーハン

店名:餃子の王将 川崎駅東口店
住所:神奈川県川崎市川崎区駅前本町26-1
電話:044-244-4033

餃子の王将というと、安い価格で美味しいものが食べられるというイメージの人も多いと思いますけど、中にはそこそこ値段がするメニューが混ざっています。
例えば、極王炒飯はその1つになりますけど、これは680円するので、安いのが当たり前みたいな餃子の王将においては比較的高いメニューと言えるはずです。

餃子の王将の極王炒飯というのは、見た目は普通のチャーハンかな?という感じですけど、実際に食べてみると、味の違いを実感しやすいと言えます。
そこそこ味は濃い方かな?という気がしますけど、何よりも具材に特徴があります。

餃子の王将の極王炒飯というのはメインとなるのは香味豚バラで、これがすごい美味しいのです。
このチャーハンのために存在している食材なんじゃないか?というくらいに、チャーハンにマッチしていて、味自体もすごい香ばしくて、噛めば噛むほど染み込んでくるような感じです。

そして、レタスなども入っていますから、爽やかな一面も存在しているということで、美味しさだけではなくて、すっきりするような感覚も体感できるメニューだなと思いました。
餃子の王将ならではのメニューだと言えるため、多くの人には知っておいてほしいなと思います。

武蔵小杉にあるバーミヤンのシンプルだが大きなワンタンが魅力のワンタン麺

店名:バーミヤン武蔵小杉店
住所:神奈川県川崎市中原区今井仲町338-2
電話:044-739-1875

武蔵小杉にあるバーミヤンのワンタン麺というのは非常におすすめのメニューです。
バーミヤンならば、ワンタン麺といったメニューがあっても不思議じゃないとは思いますけど、ここのワンタン麺に関しては、とにかくワンタンが大きいのです。

器それ自体はそこまで大きく見えないものの、入っているワンタンそれ自体はとても大きく見えます。
ワンタン麺の主役は当然ワンタンになりますけど、下の面が隠れてしまうほどに大きいワンタンを見ると、食欲がわいてきます。

ワンタンに加えて、メンマやネギなどの具材も入っているのもポイントです。
全体的にはシンプルな感じで、誰もが好きそうな見た目と味をしています。

しかし、ワンタンがやや大きいと感じる以外には、特徴と言える特徴はそんなにないです。
でも、普通に美味しいと言えるような味であり、気に入る人は多いのではないか?と思います。

バーミヤンを初めて訪れた人にとっては、バーミヤンの味を知りたいときに注文すると良いと思うのです。
値段は699円とそこまで高くはないですし、お試し感覚で食べてみると、ハマる人も出てくるのではないか?と思います。

上海小籠包厨房 阿杏、新宿東口にある小籠包が美味しいお店

店名:上海小籠包厨房 阿杏
住所:〒160-0022 東京都新宿区28 新宿3-28-2 ルナージュ新宿5F
電話:03-3355-5705

右も左も飲食店でひしめく新宿で、久しぶりに夜ご飯を食べようと思い、まず何が食べたいかお腹と相談。
そういえばしばらく中華を食べていなかったので、高島屋の某有名小籠包のレストランへ行こうと思ったけれど、予算オーバーだったので周辺の美味しい小籠包のお店を検索。

すると、いくつかのお店の中でもこちの阿杏が高評価だったので、ドキドキしながら来店。
美味しいかな?初めてのお店ってちょっと緊張しますよね。

席に案内されて、早速メニューを見てオーダーします。
阿杏は小籠包目当てだったので、もちろん小籠包は外せません。

そして、阿杏レビューで高評価だった焼き小籠包。
黒米大好きなので、黒米チマキ。
肉も食べたいので、よだれ鶏。
そしていつもは食べないご飯系、あんかけ炒飯をオーダー。

まず来たのはよだれ鷄。
よだれ鷄はよく料理名ですが、何気に初めて食べます。

タレに大好きなパクチーが乗ってるところから、食欲をそそられます。
見た目からぷりぷりな蒸し鶏とタレをたっぷりつけて、いただきます。

え、これめちゃくちゃ美味しい。
ぷりっぷり、ジューシーな鶏肉はもちろん、ゴマだれが辛くて、濃厚で最高です。

そしてナッツの歯ごたえとパクチーのフレッシュ感、その独特な香りが絶妙にマッチしています。

そして次は小籠包。
阿杏の店員さんが蓋をあけると、もわっと湯気が。
「あついので気をつけて」と一言。

小籠包は熱々がマストなので期待が高まります。
皮に箸で穴を開けて汁を吸います。

うん、美味しい。

生姜と酢と醤油を垂らして、一口で。
はふはふしながらもぐもぐ。
皮の厚さといい、餡の味付けといい、好みど真ん中です。

食べ終わるとすぐに、焼き小籠包がきます。
こちらも、熱々。

皮を少し破って中の汁を味わってから、一口。
小籠包と同じように、皮、餡の比率が完璧です。

そして、パリッと焼かれた皮がまた小籠包とは違う美味しさを生み出しています。

黒米ちまきもほんのり甘くて、黒米の香りがよく、最高です。
しかし、阿杏でこの日一番のサプライズは、あんかけ炒飯です。

炒飯って残念なお店だと、化学調味料の味しかしないのでほぼ注文しないのですが、このあんかけ炒飯はもう、本当に、あっさり味で、風邪の時にお母さんが作ってくれた雑炊を思い出すような、そんな優しい味でした。

結構お腹いっぱいになっていましたが、ぺろっと食べてしまいました。
阿杏は、どの料理も最高に美味しくて、何回も通って他の料理も食べてみたいですね。

一つ一つの料理のコスパはとてもよいです。
2人で行って5品頼み、お腹が満たされ、約3500円でした。

ただ安いだけあって、阿杏のお店は雑居ビルの中の小さな店舗で、4人がけのテーブルが5つくらいしかありません。

私が行った時間は4時半くらいだったので、空いていましたが、ランチタイムやディナータイムは混むかもしれませんね。

忙しいディナータイムの前だったからか、お店の方が見えるところで寝ていたので、雰囲気はほぼありません。

阿杏の接客には、完璧を求められる方はやめておいた方がいいかもしれません。
ただ美味しければいいという方には、すごくおすすめです。

阿杏は、あまり期待をせずに行きましたが、味、お値段ともに大満足でした。

私は小籠包が大好きですが、熱々でなかったり、皮が厚すぎたり、餡が少なすぎたり、ジューシーでなかったりと、なかなか好みの小籠包が見つけられませんでしたが、やっと好みの小籠包が見つけられて嬉しいです。

小籠包だけでなく、他の料理もとても美味しかったので、小籠包目当てでない方にオススメですよ。

お店は少し狭いですが、美味しい中華をよいコスパで食べたければ、阿杏は本当に良いお店です。
他の料理も食べたいのでまた絶対行きます!

隆康、長野県松本市にある山賊焼と大盛りメニューの中華食堂

隆康は、松本市の合同庁舎近くにある中華の食堂です。
外観は映画のセットのような、ダイナミックな装いです。

隆康の中はちょっとレトロな中華食堂といった感じです。
建物は年季が入っている感じですが、独特な雰囲気で、小上がりには全部コタツがあったり、いつも笑顔で優しく迎えてくれるお店番のおばちゃんに癒されます。

隆康は、山賊焼や塩山賊、万力餃子等スタミナが付きそうなメニューが盛りだくさん。
チャーハンやあんかけ焼きそば他の大盛りメニュー、セットメニューもあります。

とにかくメニューの数が多く、野菜たっぷりで、酸辣湯麺など、女性が喜びそうなメニュー、蟹のラーメンなんて変わったメニューも色々あり、毎回選ぶのが楽しいです。

日中はサラリーマンや男性客が多めですが、隆康は女性だけで行っても子連れでも入りやすいお店です。
セットメニューでボリュームがあり過ぎて食べ切れない時は、ひと声かければ持ち帰り用のパックなどもらえます。

長居もできますし、隆康は料理が出てくるのも比較的早く、ランチもディナーもどの時間帯でもおススメです。
どこで食事しようかな?と迷った時はこちらに来てしまいます。

何でも美味しいし、不思議な空間で、居心地が良く最高!
隆康、オススメです。

店名:隆康
住所:390-0851 長野県松本市島立松島3909-2
電話:0263-47-3353

味香亭、藤が丘駅から徒歩10分間の本格的でおいしい中華料理店

店名:味香亭(みこうてい)
住所:神奈川県横浜市青葉区柿の木台14−6
電話:045-973-3414

味香亭は、東急田園都市線の藤が丘駅から徒歩10分ほどのところにある、リーズナブルに本格的な中華料理を食べることができるお店です。

駅から少し距離があるため、味香亭は知る人ぞ知るお店です。
駐車場は3台分あります。

休日のランチの時間帯では、味香亭はすぐに店内がいっぱいになってしまい、行列ができることもあります。
ランチメニューはAからHまであり、種類も豊富です。

週替りランチはサラダ、スープ、ライス、ザーサイ、杏仁豆腐がついて1000円となっています。
ほかに海鮮あんかけやきそばや中華丼とハーフラーメンなどもあります。

味香亭の土日はHolidayランチというセットメニューがあり、ランチを注文するとプラス250円で餃子3個をつけることができます。
この餃子も美味しいです。

夜の定食もAからHまであります。
豚肉と卵きくらげ炒めがライスとスープがついて950円となっています。
ほかにレバーニラ炒めや油淋鶏などもあります。

テーブル席なのでゆっくり中華をいただくことができます。
味香亭の店内はとてもきれいに保たれていて、テーブルがベタバタすることもありません。

何を食べても美味しいので、本格的な中華を手軽に食べたいという方におすすめのお店です。