旨唐揚げと居酒メシ ミライザカ 宮崎台店の若鶏メニュー

店名:旨唐揚げと居酒メシ ミライザカ 宮崎台店
住所:神奈川県川崎市宮前区宮崎1-8-11MTビル2F
電話:050-5890-5742

旨唐揚げと居酒メシ ミライザカ 宮崎台店は、居酒屋と言えるお店となっていますけど、個性的なメニューを多く見ることができる部分が特徴なのです。

ミライザカは、いろいろなメニューが並んでいて、珍しい光景を目にすることができますけど、特におすすめなのは清流若どり骨付モモ一本グローブ焼きガーリックです。

かなりサイズが大きい若鶏を鉄板焼きで揚げたメニューになりますが、見た目の大きさがまず目につきます。

しかし、さらには香ばしい香りも特徴で、それを嗅いでいるだけでも食欲が満たされそうな気分になってくるのです。

そして、ガーリックソースも特徴的なメニューですが、このソースが独特の味を醸し出し、居酒屋ならではのお酒に合うメニューに仕上がっているのです。

酒を飲むときにはかなり合うと思いますけど、サイズが結構大きいので、これ1つで結構な満腹感を得てしまう可能性があります。

だから、他のメニューを注文するようなときには、そういったところも考慮しておいてほしいと思うのです。

ただ、味に関しては申し分なく、好きな人が多いような味だと思いますから、ミライザカに来たときには知っておいてほしいのです。

やきとり能勢、兵庫県川西市にある絶品焼き鳥が味わえる老舗

店名:やきとり能勢
住所:兵庫県川西市小戸1-3-12
電話:072-757-2263

やきとり能勢は、なかなか予約の取れない人気店で、一度は行ってみたいお店でした。
たまたま運よく予約が取れたので、会社の同僚5人で行きました。

阪急川西能勢口駅から徒歩2~3分程度の距離にあり、数件の飲食店が連なる一角にお店はあります。
やきとり能勢の外観は、おしゃれとは程遠いですが、能勢とかかれた大きな看板が特徴的で店内の活気が店の外にまで伝わってきました。

夜の19時に伺ったのですが、店内は満席で、焼き鳥の良い香りが漂っていました。
主にカウンター席と、テーブル席が2つあるだけの小さいお店で、やきとり能勢は昭和の食堂といった雰囲気が漂っています。
我々はテーブル席に通して貰いました。

やきとり能勢のメニューは、だいたい1本あたり100円~200円と安く、きもの刺身などビールのあてにばっちりのメニューが充実しています。

私のオススメは何と言ってもつくねです。
串1本あたりの大きさが凄く大きく、ジューシーで香ばしく、タレとの相性もバッチリです。

また、肝の刺身をごま油で食べるのも最高でした。
肝がとろけるような食感は、癖になります。
どの串も凄く美味しく、ビールもかなり飲んだのですが、会計は3000円くらいで凄くリーズナブルです。

やきとり能勢は、サービスも全く問題ありません。
お店の雰囲気は好き嫌いがあるかもしれませんが、美味しい焼き鳥が食べたいのであれば、間違いなくオススメ出来る一店です。

大阪府大阪市福島区で豆腐料理を食べるなら和魂

店名:和魂
住所:大阪府大阪市福島区福島7丁目2-2
電話:06-4797-2575

豆腐料理が食べたいのであれば、和魂です。
自家製でこだわりの豆腐を使った料理は、幅広い層に受け入れられるはずです。

健康が気になってきた年配の方やダイエット中の女性など、ヘルシー志向の人にもおすすめです。

和魂のお店のウリは、呉豆腐です。
一般的な豆腐とは少し製造方法が違い、独特の食感があります。

その豆腐を使用した揚げ出し豆腐は絶品で、日本酒を飲みながら食べると最高です。
この呉豆腐をベースに、様々な創作料理を楽しむことができます。

豆腐なので、ヘルシーなのも嬉しいところですね。
ついつい食べ過ぎてしまいます。

和魂は仕入れに関してもこだわりがあり、その日の食材で良い物を仕入れて使用します。
そのため、日替わりで質の高い料理を食べることができます。

和魂の店内は、カウンターと座席、掘りごたつ式の半個室もあります。
そのため、幅広い層の方が利用されているようです。

一品料理も豊富ですが、初めてであればコース料理がおすすめです。
4000円で、様々な豆腐料理を食べることができます。

豆乳をベースにした鍋でチゲなど様々な味を選ぶことが可能です。
呉豆腐を体験してみるなら、和魂です。

菜音、藤沢駅から徒歩3分の創作和食と日本酒が美味しい店

JR東海道線、小田急線、江ノ電が通るターミナル駅、藤沢。
湘南に行くのならば足を踏み入れることが必要となる場合が多いだろう。

藤沢では肌感覚として、所謂チェーン店は入れ替わりが早い印象だが、こだわりのある個人経営の飲食店の多くは常連に愛され、口コミで客が増えているような印象がある。

今回、紹介する菜音もそんなこだわりのある個人経営の居酒屋のひとつである。
菜音では、新鮮な近海の魚や地元野菜を使った美味しい創作和食を肴に、美味しい日本酒を頂ける。
個人的には「九条ネギと魚介の酒盗和え」をちびちびとつまみながら、辛口の日本酒を冷で呑むのが最高だと思っている。

こちらの菜音では、店主の方を中心にスタッフの方が、各テーブルを回って色々なトークをしてくれる。
有名なものからマニアックなものまで多くの種類の日本酒を扱っており、店主の方によるそれぞれの日本酒に関する説明を聞きながら、何を呑むか決めていくのが楽しい。
私の周りではこの菜音をきっかけに、日本酒に目覚めたものも少なくない。店主の方は非常に飲ませ上手である。

注文の仕方にもよるだろうが、一人5,000円前後あれば十分満足できる時間を過ごせるであろう。
菜音を出るときの満足感、幸福感を考えれば十分すぎるコストパフォーマンスと言ってよいだろう。

店内にはDJブースがあったり、タイミングによってはライブを行う時もあり、音楽好きにもお勧めできるお店である。

店名:菜音
住所:神奈川県藤沢市南藤沢23-2 マタリビル3階
電話:0466-28-9050

千葉県の本八幡で新鮮な魚を食べるなら大漁一家へ行こう!

店名:大漁一家 本八幡店
住所:〒272-0021 千葉県市川市八幡2-15-17 菊池愛甲共同ビル101
電話:047-303-3772

大漁一家は、なんといっても魚が美味しいです。
名物は刺身の盛り合わせで、カゴ盛りに数種類の新鮮な魚がキレイに盛り付けられています。
一人前680円~と見た目の割に価格はリーズナブルです。

もう一つの大漁一家の名物である大漁てんこもり寿司は、うに、いくら、かになどのネタがこれでもかというくらい、シャリからこぼれ落ちています。
一人前1250円ですが、こぼれ落ちているネタの量からすると、かなりお得な気がします。
一度は食べてほしいオススメメニューです。

その他にも大漁一家には、多くのメニューがあり、貝や魚介の浜焼きもあります。
品物によって350円~650円です。

店内は活気があり、サザンオールスターズの曲が流れ、まるで海の近くで食事している気分になれます。

また、大漁一家のメニュー以外の名物といえば、店員さんのかけ声です。
まず店内に入った時は「いらっしゃい」と明るく元気な挨拶があり、こちらまで明るい気分になれます。

そして、最初の注文した飲み物を店員さんが持ってきてくれると「今日も一日お疲れ様でした!」と元気よく声をかけてくれます。
続けて、店内にいる店員さん全員が「お疲れ様です!」と声をかけてくれます。
このかけ声を聞くと元気が出てきて、いっぱい飲んで食べるぞ!という気持ちになります。

1人平均3000円~4000円程度みておくと、かなり満足できると思います。
大漁一家、魚介類が好きな方はぜひ一度行ってみてください。

上野御徒町アメ横の「魚草」で魚介をつまみに立ち飲み!

店名:魚草
住所:東京都台東区上野6-10-7 アメ横プラザ
電話:090-2436-4855

「飲める魚屋」であるアメ横の魚草は、新鮮で大振りな牡蠣やウニを食べながらキンキンに冷えたビールを飲める最高のグルメスポットです。
半屋外になっている立ち飲みのスタイルで、いつもたくさんのお客さんで賑わっていますが回転が早いので見た目ほど待つことなく美味しい魚介にありつけます!

そしてなにより、魚草のコストパフォーマンスが最高です。
時価なので日にもよりますが、だいたいのメニューが500円程度で、それなりの大きさがあります!

サメの心臓である「もうかの星」を新鮮なまま東京で食べられる店は、それほど多くはないのではないでしょうか。
ビールはサッポロ黒ラベルが350円、日本酒が20種類あり各種1杯500円とお手頃です。

手書きのメニューや、魚草の店内の雰囲気も味があり、日本人である喜びを噛み締めてしまいます。

店員さんも明るく淡々としてはいますが感じのいい接客をしてくれます。
忙しいなかでもイライラした様子は見せず文句なしです。

魚草の生牡蠣はほんとうにプリプリで、牡蠣好きな私が人生で食べた中で間違いなくベスト5に入る美味しさです。

北海道産の生ウニや質の高いお刺身盛りなど、好きな魚介を冷たいビールと一緒に頂ける、最高の立ち飲み屋です。

立ち飲み とんかつ まるや 新橋店、本格派とんかつで一杯。

店名:立ち飲み とんかつ まるや 新橋店
住所:東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館 1F
電話:03-6274-6210

まるやは、とんかつ好きの酒飲みにはぴったりのお店です。
少し語弊があるかもですが、とんかつ専門店で出てくる「本格派のとんかつ」が、立ち飲み屋の一品として注文できます。
それもそのはず、とんかつ専門の定食屋を運営する「まるや」さんがやってるんですね。

その本格派のとんかつも1人前サイズでヒレカツ450円、ハイボール300円~など、立ち飲み価格で提供してくれるので嬉しい限りです。
フレンドリーな店員さん達と交わす短い会話もお店の色になっていて、日々多くのお客さんで賑わっています。

また、とんかつが美味しいのは看板商品で当たり前かもしれませんが、トンテキや炒め物もあるなか、「立ち飲みでここまでする?」と思ってしまうほど、目の前で手間をかけて1品1品調理されています。

悩むのは締めの一品。
とんかつ屋さんの揚げたてロース肉を挟んだカツサンド(500円)、持ち帰りもできますが、まるや店内で食べる際はパンの耳を素揚げにして添えてくれます。
これでお酒1杯いけてしまうんですよね~

まるや新橋店のミニカツ丼も調味液が抜群で美味しく、毎回悩んでしまいます。
ちなみに白ご飯が、たまに無くなって注文できない時があるので注意です。